blogランキング 御訪問頂きまして誠にありがとうございます。 あなた様が少しでも癒されますことを心よりお祈り申し上げます。

2007年11月10日

鈴虫

絡めたはずの指にぬくもりは宿らない 

遠くの茂みで虫の音が聞こえる 

何処までも空は高いまま 

茜と蒼の狭間で揺れていた陽が落ちた 

重なることを拒む影を 

闇はゆっくりととかし 

頬を伝う珠をも隠した 

沈黙の帳の中で

鈴虫は啼きだしていた
【関連する記事】
posted by ケロ太 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別離の空

見つくしたすえのひかりの淵に立ち 

くれないにそまる御空の下 

愛すべきひとは去り

暮れはてた後に手放した袂 

水のわななきも虚しいだけの心の象
posted by ケロ太 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一滴

秋の花が咲きほこり 

切切と暮れゆくかおり 

木立に佇みて泣くひとり 

あいも空しきこころの翳り 

汲めども尽きず頬伝うひかり  
posted by ケロ太 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

melody

陽だまりの中でふたりは座り 

やさしくてかなしい日々に挨拶をした 


肩と肩はふれあい寂しげに笑い 

重ねた掌のぬくもりと 

交差する心のうちの距離を測りながら 

終わらない唄のメロディが同じになることを願っていた 


それから幾歳が過ぎたろう 

雨と風と雪と幾億かのひかりの中で 

私たちは生きていた 

気が付けば地平には夜が顔を出し始めた 


いつの日か終りが来る 

交わされた約束に裏切られる日が訪れる 

それでもあの陽だまりは心の片隅に転がったまま 

何度も何度も顔を覗かせては私たちを慰めてくれるのだろう


星が瞬いた 

あのひとの手が肩を抱いた 

痛いくらいの愛しさの中で同調したメロディが響き始めた
posted by ケロ太 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星は 

瞬くたびにおくりものを呉れた 


かぼそい燈で 

ぼくの心をともすひかりに 


ベランダにすわり 

横たわったひだりあしのつま先で 

貰ったはずのおくりものが壊れる音をきいた
posted by ケロ太 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸々うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落花無残

閉ざしたまぶたの裏側に 

崩れおちる花を見た 

純白の百合 

空の蒼さを吸い込んだ瞳が 

うるむさまを見てしまった 

鐘だけが響く部屋の片隅で 

いつまでも終わらない 

かなしみを聞いた 

頬から伝った涙の味は 

ただ苦く

くやしかった
posted by ケロ太 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宿世

愛を抱えずに享けしものの 

群れの中に吾はひとり 

萬に宿る御心に慄く 

何れまた還るその日迄 

けだものの中で哂い続けよ
posted by ケロ太 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸々うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogランキング 御押しになって下さいまして誠にありがとうございます。 あなた様のお幸せを心よりお祈り申し上げます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。