blogランキング 御訪問頂きまして誠にありがとうございます。 あなた様が少しでも癒されますことを心よりお祈り申し上げます。

2008年01月05日

おもかげ

樹樹は私に何を残すのか 

惜しみ惜しまれたひとの 

心の庭に秋が去りゆく 

ゆくえも知らず立ち竦む俤 

おもかげの花 それすらもなく 

廃れてゆく庭に風が吹き渡る 
【関連する記事】
posted by ケロ太 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

冰風

もはや溶け合うこともないだろう 

ひややかにひとりを愉しみ 

結ばれた冰を眺める 

干上がるほどに心は晴れ渡り 

肺腑を徹す夢も砕けた 

あとには何も残らない 

すべてを吹き払う冬の山風
posted by ケロ太 at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

笹音

霰の音に暁を覚え 

ひとりの寂しさに私は笑う 

いつまでも愛すると云うくちびる 

そのこと違えを抱きしめた庭に 

さらさらと笹は啼いた 

果敢ない音に私は笑った
posted by ケロ太 at 17:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 冬うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

沫雪

うたかたの夢に還ろう 

霙から転じた雨が 

きみをぬらしたあのゆうべへ 

唇を伝い落つる雫に 

花が咲くよ 

それすらも流れて綴じられる言葉に 

愛が翳みゆく
posted by ケロ太 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六花

六花の盛りに私は樹樹を見る 

散りつくした梢の先に愛し愛された花の俤を見よう

あれは六月 

盛りの常夏 

空も地も覆い尽す紅さに脅え 

くちづける歓びにふるえるともし火 

なにを愁いなにを愛したのか 

それすらも果敢なく溶けて 

月光が遍く照らし寂寥を曝した 

私の冬を 

あこがれの骸を 

六花に埋れた蕾のままの想いを
posted by ケロ太 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

幻火

残らずに散らせ 
    かぜは吹き 
        一片も 
    梢に残さず 
 荒れて今は寂寥 
    惜しまれて 
        ながめ 
    色も褪せた 
 白に刷かれる庭
     夕闇に怯え  
         潰える
     願いの庭に
 私は立ち盡して

その苦しさになにを求めなにを諦めよう 

 つくされた心も 
     悉く果てた 
         きみの 
     愛された唇 
 眩く煌く眼差し 
    愁いを燈す 
        言葉に 
    僕の言葉を 
 幾度重ねようと 
      色も褪せて
          虚しく 
      儚むだろう 
 なにもかもが幻 
posted by ケロ太 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

ふゆのしさく

エアコンが起動しない秋の終りに 

きぶくれたズボンの下でパンツは何を想うのだろう 

だいたいがあいまいな彼自身の為に弁明するなら 

それは冬の始まりに舌打ちする主人の気概のなさを示しているのだ 


することもない冬の初めに本を読む男が居て 

それが僕自身であることをインターネット以外の誰もが気付かない 

wwwは記号に満ちている 

記号がひとのつくった最大の奇跡であり悪徳だとしても 


南極に棲むペンギンも夢を見るのだろうか 

北極に棲む一部のくまは新巻鮭の美味しさを一生知ることがない 

僕は冬の味を愉しみにしている 

健康な舌がお皿の上で饒舌なワルツを賞している 


インフルエンザが猛威を振るう 

電線の上を時速300キロの速さで走り 

あちこちで笑う子供のくちを大きな大きな掌で覆い 

僕の大切なひとたちの安らかさを奪ってゆくのだ 


愛される詩のひとつひとつに大切な想いがある 

冬の身にしみるかなしさの中にも本当の幸せは隠されている 

炬燵を大勢で囲み鍋をつつきながら 

僕は新しい詩をひとつ紡ぐことにした
posted by ケロ太 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogランキング 御押しになって下さいまして誠にありがとうございます。 あなた様のお幸せを心よりお祈り申し上げます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。