blogランキング 御訪問頂きまして誠にありがとうございます。 あなた様が少しでも癒されますことを心よりお祈り申し上げます。

2008年05月25日

叛星

少女らが頬を染め羞らう
私は道野辺の花を摘み
いにしへのくにへゆかう
音もなく砕けるあれは白浪

緑のない丘陵を離れ
誰ひとり聞かぬ音を奏でる
あれは悲しみに沈んだ成れ
声のない歌を捨てる

無窮の感情にひたり
彼のことを忘れ去り
幾たび目かの死を思ふ

叛星はしづかに耀き
わたしの胸を抱き
いづれかの恋のすゑを笑ふ
ラベル:ソネット
posted by ケロ太 at 12:16| Comment(40) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソファで

うつむいたきみの横顔に
拒絶の色がしめされている
ぼくは黙ってとなりに座り
染まらない空を見つめている

きみと初めてくちづけた日
ぼくは人生の歓びに触れかけていた
きみと初めてとけあった日
ぼくはうしなった居場所をとり戻した

うつむいたきみを美しいと思う
くちびるを噛むきみをどんどん好きになっている
顔中を花にして笑うきみと同じくらいに
いたみに堪えるきみがぼくは愛しくてならないんだ

こぼれるまえの涙のひと粒ひと粒に
ぼくの知らない言葉が隠されている
ふるえはじめた肩を抱きしめ
いつかその意味を知りたいと願っていた
ラベル:ソファ 悲しみ
posted by ケロ太 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小人国

いとしい
と思えるものの総てに
唾を吐きかける
理解を得たいとさけぶ子のように泣きわめいたゆうぐれ
雨のせいで 私は濡れていた

愛しさはやさしさの欠片ね
私のなかに私でない部位があり
そこが時折
疼くようにゆめをみせている

小さな私は 小さな国に住む
ひとり草の裏側で笑う
posted by ケロ太 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湖岸

 1

湖岸に立てば小さな音が聞こえる
甲高く
糸のように細い連なりで
私を取り残して続いていく

 2

夕焼けの紅さを笑ってみている子供
あなたには世界が耀いているのね
もう誰も知らない世界を
その丸い瞳でみているのね

 3

手を伸ばせば届くと思っていた
手を伸ばしても届くことはなかった
何も届かない
届けることが出来ない

 4

手をつないで歩いていました
歩いているだけで幸せでした
幸せすぎて怖くなりました
怖いから振り払いました それから先は

 5

釣竿に釣られている稚魚が云うには
これまでもこれからも大して違いはないとのことです
死んだ目で見てくれるなと
稚魚は呆れ顔でのたまっています

 6

どうして好きなんだろう
口が悪くてすぐイライラして
物や私に当たってばかりいるやつなのに
俯かれると胸の奥が痛くなる なんで?

 7

遠くから来た風に吹かれながら
近い人のことだけを想っている
たばこに火をつけても
風のせいでうまくつかないのに

 8

笑顔を強制する女には疲れるから
男はときどき素知らぬ顔で湖岸を見る
笑顔を強制する女も素知らぬ顔で
道端の花を手折っている

 9

自転車に二人乗りしているのはたぶん私と
大好きだったあのひとだろう
顔と声とが溶けてしまった
影男だがたぶん彼だ

 10

紐につながれた犬が駆けてくる
三つ編みのおんなの子を連れて駆けてくる
何かが始まったような表情をして
息を弾ませ駆け過ぎていく

 11

水の中には水の中の記憶
風の上には風の上の記憶
丘の下には丘の下の記憶
私だけが留まれていない

 12

ビール瓶越しに見た湖面は
お日さまの匂いがします
大事な頃にかいだような
優しい気持ちがつまっています

 13

陶器のように投げられたら割れちゃうのかな
面白くなくても笑ってれば
誰かさんでいられるものね
今日の私も白っぽい顔で笑う

 14

きみの髪を撫ぜると
きみが呼吸を止めてしまう
唇を吸うだけで
生き返ったらいいのに

 15

湖に向かって建つ家に住むのが夢だった
今日の夕陽をベランダで浴びている夢
夜 波音を聞いて眠っている
夢の中で逢いたいひとに逢うので

 16

椅子に坐って話をする
当たり前のことを当たり前にしゃべらないで
私の口をさえぎるのはいつだって
とうの昔に息絶えた女

 17

ポケットに入れた掌で
いつかの約束を握っているんだ
強く握り締めないとこぼれてしまう
かくさないと風にさらわれてしまう

 18

あちらの方で呼んでる気がした
あちらの方を呼んでいるのにね
みんな怠け者なんだ
居心地の好い場所から動きたくない怠け者さ

 19

凪いだ時には凪いだ顔でいればいい
嵐の時には誰にも見せなくていい
分かり合えると想わないで
分かり合えると信じていて
ラベル: 恋愛
posted by ケロ太 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

残照パラダイム

ぬりつぶした血色の空に 

卵をすりつぶした日 

ひとつのいのちをおざなりにした罪を 

購わずに哂うのだろう 

たれでもない私の為に きみの児を孕みながら 

とうに終わったはずのことばに縋った 

ひとりの部屋できみを待ちつづける 

空虚な胎に呟きながら
posted by ケロ太 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日


泣き止まない子供のような茜色の空 

笑うことを止めたくちびるに 堰き止められた日 

ぼくのほんとうに大切なゆびが 

ふるえることを とめられなかった 


どうして心は聞こえないんだろう 

想いの底を読むことが出来ない 

かみさま ぼくはどうしたらよいですか? 

俯く彼女を抱きしめても 肩は冷たさを増していく。

posted by ケロ太 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

青空

幸せと呟くひとの 

くちびるに嘘がまみれていた 

晴れた空なのに雲がひとすじ 

なにかを穢されたようなあやふやな心地になる 

疲れたことばで意味を成そうとしないでください 

むねに仕舞っておいた声を 口に出したくなった
posted by ケロ太 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

夕鐘

鐘の音を聞いた気がする 

ふり払った掌のぬくもりに怯えたからだろうか 

愛されなくなった薬指の輝きが 

教えてくれたのかもしれない。 


祈り続けることのむなしさも 

早く教えてくれたらよかったのに。
posted by ケロ太 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

心中ジルコニウム

やさしい嘘に抱かれるたびに 

私が露に変えられてゆく 

果敢なく溶ける蛍火 

いろを呑む六花 

消え侘びぬ 

私に咲け 

菖蒲の  

花よ
posted by ケロ太 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

贖宥


毎晩のように死ぬことを覚えてから 
私はあなたを必要としなくなり 
壊れかけたソファに腰かけて 
疼かせる音に耳を澄ましている。 

溶けかかったアイスを舐め 
私のほかの誰かを愛した 
憧れた指の細さが手折られる夢を見た日 
雪の啜り泣く声を聴いた。 

拒絶する鳥が殺されるのを 
どうして忘れられるのだろうか 
総てを白くする光のなかで 
私は絶頂した数だけの贖罪を願っている。

posted by ケロ太 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

ことば

肯定された死の中で啜り声をだすものはいない 

蒼褪めた空に惧れを抱きそれに涙しても 

所詮はよその顔、よその空、よその心 

おとこでもなくおんなでもなくただひとりのひととして 

慄くことも忘れさせてくれる暁の空に僕は憧れている。 


肯定された生に対し何を語る言葉があるだろう 

突き抜けても突き抜けてもやわらかい微笑みを生む空へ 

微笑みを返せるひとに何をもってかたれというのか 

彼らは一様にやさしい瞳で世界を見つめ 

総ての幸せを享受できるのに。 


より多くのことばの中で僕は唯一つのことばを選り分けている 

それは生きていく為に必要なことではない 

生きる意味を保つ為に必要だからしているだけだ 

今日、多くのことばの中から一つを掬い一つを殺した 

それを紡いで僕はいのちを詠っている 

僕は今日も生かされている 

明日も昨日も明後日も生かされ続ける 

でも僕は、時々、死を、欲するのだ。 
posted by ケロ太 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

須臾

永劫に似た須臾ののち 

逆巻く暗黒は薄れる 

赦しはしない この心が朽ちるときまで
posted by ケロ太 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終電

見渡すかぎりの青空を前にして 

不意に優しさが厭わしくなるのは涙の跡の所為だろうか 

くたびれたよれよれのジャケットを羽織ったひとの 

背には拒絶が瞬いている 


希望と願望とを掬った両の掌に 

今のしかかるのは重圧という名の罵りだけだ 

誰も彼もが箱庭世界の安寧を望んでいるが 

その為に犠牲になることを誰も彼もが拒んでいる 


理由なき幸せに浸ることを語らうひとびと 

孤独に突き動かされた末の情死のあとに一体何を見出せば良いだろう
 
多くの声に耳を塞いで 

多くの言葉に目を瞑って 


やがて青空に取って代わったのは灰色の大空 

悲しみさえも赦さない暴徒と化した幸福への求道者の群れ 

きみたちが何を是とするのかは永遠の謎だ 

僕にも僕らにも分からせずにその狭い掌で弄ぶだけだろうけど 


行きずりの動物園で騒いだ子供たちは何を焦がれていたのだろう 

この空の向こうに広がるのは平和でも楽園でもない街だというのに

疲れきったおとなたちは終電を待ちわびている 

僕ももうすぐその列に入る 


そのときまで暫し待て。
posted by ケロ太 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

melody

陽だまりの中でふたりは座り 

やさしくてかなしい日々に挨拶をした 


肩と肩はふれあい寂しげに笑い 

重ねた掌のぬくもりと 

交差する心のうちの距離を測りながら 

終わらない唄のメロディが同じになることを願っていた 


それから幾歳が過ぎたろう 

雨と風と雪と幾億かのひかりの中で 

私たちは生きていた 

気が付けば地平には夜が顔を出し始めた 


いつの日か終りが来る 

交わされた約束に裏切られる日が訪れる 

それでもあの陽だまりは心の片隅に転がったまま 

何度も何度も顔を覗かせては私たちを慰めてくれるのだろう


星が瞬いた 

あのひとの手が肩を抱いた 

痛いくらいの愛しさの中で同調したメロディが響き始めた
posted by ケロ太 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かげろふの詩

空を掠める羽虫にさえも 

私は教えを垂れられている 

掴んだと想うのも束の間に 

一切は夢に過ぎないと諭されている 


どうして尽きることがないのだろう 

私の中の暗がりは過去の痛みで一杯なのに 

飽きることもせずにまた 

想わずにはいられないんだ 


真昼のあたたかな闇の中で聴いた 

夢の中での逢瀬の睦言

ほろびゆく寧日の片隅で 

密かに咲き続ける白百合への願い 


約束は既に絶たれたとしても

想いはいつも心のうちに 

やさしい夜の布団の中で 

私は歓びのうたを紡いでいる
posted by ケロ太 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

空涙

明るさを覚えた払暁 

静かに離れゆく吐息との距離に 

あなたの心の底によどむ慙愧と 

悔恨の情念を知った時間のなか 

夢の狭間で涙を流す幼い私の声 

その音が聞こえますか
posted by ケロ太 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音に似て

かぜの音に似て非なるものの 

うちに湛へられた想ひに 

私とわたしの胸を占める 

こと葉と声とを聞いたのだろうか 


つづられたよろこびよりも 

つづられぬかなしみにこそ戀は募る 


朽ちて腐りし想ひ出よ 

あなたのうちに湛へられた声に 

私とわたしの胸を占める流れをさへぎらないで 

なみだの涯までも 

いつか還る日までもふたりを 
posted by ケロ太 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤音

過ぐる日の翡翠よ 

そのわびしさを 

かぎりなくつらぬく音に鎖せ 

冬の日の冷たさにおののき 

かへらぬ夏のもゆる涙を想へど 

いまはむなしいだけ 


水戀鳥の一声にひびけ 

吾が心に沈む君への想ひまで!
posted by ケロ太 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

いつまでも

いつのひかむすばれるおもい 

いつのひかくだけちるおもい 


いつのひかからめあうひだりて 

いつのひかほどけゆくひだりて 


いつのひかだきしめるまなざし 

いつのひかつきはなすまなざし 


いつのひかかさなりしあしおと 

いつのひかとおざかるあしおと 


いつのひかわすれゆくおもい

いつまでもわすれないおもい
posted by ケロ太 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

現実の子供

自己否定をする子供はベランダに横座りして 
手離してしまったぬいぐるみに想いを馳せている

穢れきった空が嫌いで布団にもぐりこんでは 
大好きなママの乳房と戯れた日々に帰りたいと歎くばかり 

夢見ることを否定されて現実を突きつけられて 
自分を押し殺すことが美徳だってどやしつけられた日に 

愛することの哀しさに涙を流しているのは 
僕が本当に僕なのかどうかすらも分からずに困ってしまったから 

みんながみんな笑って暮らす方法があるはずなのに 
心の奥に溜まり続ける燃やしきれないゴミの数々 

こころが悲鳴を上げる直前までそ知らぬふりをしろと
冷徹な教師の教えを忠実に守る日々は続いてゆく

戸惑うばかりで立ちつくす子供は空を見上げて 
赦されない罪の一つ一つを指折りながら数えている 

愛されたはずの日々を抱えたママが迎えに来るの待ちわびながら
posted by ケロ太 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogランキング 御押しになって下さいまして誠にありがとうございます。 あなた様のお幸せを心よりお祈り申し上げます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。