blogランキング 御訪問頂きまして誠にありがとうございます。 あなた様が少しでも癒されますことを心よりお祈り申し上げます。

2006年08月24日

世界で一番大好きなあなた

忘れないで

いつもあなたのそばにいる

ちっぽけでおくびょうなよわむしの私を。


たいせつなのはあなただけじゃない。

けど あなた以上に好きなひとはいないから

私を見て 私を感じて!

くちづけして 抱きしめて

見つめあおう?

そしたらきっとわかりあえる。

うたおう。

さけぼう。

大好きって!

大好きって!


いっしょだよ?

ずっとずっと

いつまでも

いつまでも。

いっしょだよ

あなたが好き 大好き。

ともにあゆもう。

あなたとなら私 どこまでもいけるはずだから。

だから行こうあの場所へ

わたしたちの場所

あなたと私の大切な家族の場所へ。

行こう。

わらおう。

大好き!

大好き!

大好き!

大好き!

posted by ケロ太 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕のアンナベル・リィ

きみは僕のアンナベル・リィだ

ポォの愛した娘のように

儚げで純粋で無垢で愚か

二つ羽の天使もうらやむ

狂おしい清らかさに満ち満ちている

わらっておくれ愛しいひと

いつか旅立つその日まで

僕だけに笑みをおくれ

ほかにはなにもいらないからさ

わらっておくれ

きみは僕のアンナベル・リィだ
posted by ケロ太 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

あなたの音

私をいだくかいなのうちに

ふるさとのせせらぎに似たものをみつけた

静かに流れるその音に抱かれ

私はあなたの夢をみるだろう

ひとときのやすらぎをかんじて

私はあなたを夢見たいのだ

この幸せをかみしめながら

あなたの音にくるまれながら
posted by ケロ太 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

おひさま黄色

おひさま黄色

メラメラもえる

ギラギラギラギラ

もえさかる


おつきさま銀色

サラサラひかる

うさぎがもちつき

トロトロのびる


おほしさま金色

キラキラきれい

ながれぼしおちた

ねがいごとかなえ
posted by ケロ太 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | わらべうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

牽牛子のようにまた

3階の校舎の窓から君の姿が見えたものだ

風にたなびく髪を押さえて優しげに立つ君の姿が

頬杖を付いて見下ろす私にとんと気付かず君は在った

恋に煩う乙女の顔を開けっぴろげに覗かせていた
posted by ケロ太 at 04:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 花うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独歩考

歩き続けることはさして難しいことではない

だから私は歩いている

だがそれはひとりで

ひとりで歩くときの話だ

そばに誰かがいるのであれば

歩き続けることはひどく難しくなっていく

もちろん 共に歩めればどんなに幸せなのだろう

どんな困難にも負けることなく私たちは進めるに違いない

でもそれは

私が目指したそれとは異なる道のりとなってしまう

あなたと共に歩む道は求め続けたのとは違っているのだ

だから私はひとり歩んでいく

それがあなたを傷つけるとは知りつつも

許しは請わない

私はひとり歩んでいくのだ
posted by ケロ太 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きつねの婚礼

おきつねさまの雨が通る

遠い遠い山奥で婚礼が行われているのだろう

華やかに

華やかに

青空も入道雲もお天道様も祝福する

ほら

虹までもが言祝いでいる

とわに

とわに

睦まじくあれ
posted by ケロ太 at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

夕暮れ紅、そして闇色

高いおそらが紅くそまる

ほのかに紅く

だんだん紅く

紅く紅くおそらがそまり

そまったおそらはやがてすぼまる

紅から蒼へ

蒼から闇へ

闇色おそらにきらめく星は

まるでかあさまのようにやさしく光る

かあさまかあさま

わたしのかあさま

ギュッと抱きしめ

ふんわりなでて

闇色おそらのいっとう高く

天にましますマリヤ様みたいに

かあさまわたしにキスをちょうだい

あつくてあまいかあさまのキスを

あつくてあまいかあさまのキスを
posted by ケロ太 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何も知らない私という卑怯な愚か者は

私は知らない

何も知らない

何も知ることもなく

何も知りたくはなかった

何もかもを知ることが嫌で

何かを知るのに逃げてばかり

何も知ることすらなく

何かを知るのが怖くもあった

何も知らなくていい

何も知らない方がいい

何もかもを知らずにいて

何にも知らずにいればよい


何も何も

私はそればっかりだ

私は何も

何も知ろうとしなかったのだ

知りたくもなかったのだ

私は知るのが怖かったのだ

何もかも

何もかもを

私は

私は怖かったのだ
posted by ケロ太 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

天蓋花の咲く頃に

おじいちゃんとつなぐ手

あたたかくてごつごつした手

おひさまがかくれだした川原をあるく

てくてくてくてく

おじいちゃんと歩く

にこにこにこにこ

おじいちゃんがわらう


おばあちゃんのおひざ

あったかいおひざ

やさしくてやわらかくておひさまの匂いがする

おばあちゃんのおひざ

そっとあたまをよこにしたら

だいすきなおばあちゃんのにおいがする

おひさまのにおい

おばあちゃんのにおい


あといくついくつねむったら

おとうさんがむかえにくる?

あといくついくつおっきしたら

おとうさんがむかえにくる?


おじいちゃんの手とおばあちゃんのおひざ

だいすきなだいすきな

おとうさんとおなじ

だいすきなだいすきな

おとうさんといるみたい


おじいちゃんとおばあちゃんと

いつかすごしたなつのひ

もうかえらない

かえれないなつのひ
posted by ケロ太 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

私は太陽がひどく嫌いだ

そしてまた私は手をつなぐのだ

かぞえきれない夜をかぞえて

そして私たちは歌うのだろう

幾千万の昼と共に

幾千億の夜と共に

囲むように

囲われるように

幾重にもくるまれたその微笑みの

刹那に煌く憂悶にそっと

手を差し伸べることが出来たのなら

私は

私たちは

そしてまた

あなたは?

頷くことさえも出来ない愚かさが

たまらなく嫌だ

なにもかもを狂おしくさせる

あの太陽がひどく嫌いなのだ

そしてまた

私は手をつないでいる

彼と彼女とそして私と

明けきれぬ夜のまにまに

私たちは歌うのだろうか?
posted by ケロ太 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

call

きみはなにをみているの?


こころのなかの

そのすきまにそっと

うずくまってる

わたしをみている


それはかなしんでいるから?


いいえ、ちがうの、そうではないわ

わたしがわたしでいるためなのにどうすることもできないから

わたしであるためにひつようなひとを

ふりむかせることができないの


こい?


いいえ


あい?


いいえ

わたしがわたしでいられるきせきを

わたしをうんだあのひとのこころ

それをきづかせてくれたあのことのはを

もういちど

とりかえすためのいっぽをえるためにずっと

わたしはなやみ、もがいているの


ねえ、どうしたらいい?

どうしたらいい?


こたえて、おねがい

どうしたらいい?


わたしはこたえがみちびきだせない

わたしはおろかでおくびょうものだ

わたしはひとりでいきてゆけない

はんぱでわっぱでくだらないきものなのだ


わたしはこたえをみちびきだせない

だから、ねえ、おねがい

だれかおしえて

わたしにこたえを

わたしのこたえを
posted by ケロ太 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

君にささぐ

月を望み 杯をあげる

今はもう 過ぎ去りし彼方の君へ

友よ 君にささぐ

掌中の美酒 夜光の杯

泡沫の夢 ありし時を

友よ 君にささぐ

いつまでも いつまでも

永久に解けぬ 僕らの時を

いつまでも変わらぬ君との時を
posted by ケロ太 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛うた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogランキング 御押しになって下さいまして誠にありがとうございます。 あなた様のお幸せを心よりお祈り申し上げます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。